HOME > 閑話 > title - 津南醸造さんが来てくださいました! あと五百万石 小話
津南醸造さんが来てくださいました! あと五百万石 小話 - 地酒の窪田屋

津南醸造さんが来てくださいました! あと五百万石 小話

どーもです!

先日、『霧の塔』醸造元、

新潟は「津南醸造」さんがご来店くださいました!

先代の頃は新潟の酒がブームだったこともあり、お取引していたようですが、

問屋さん経由等々、事情があったのでしょうか見かけなくなりました





少しお話をしてサンプルを頂き、帰っていきました


使用米はほぼ五百万石だそうで、僕も最近別の蔵の五百万石を飲んでいたこともあり、

サンプルを飲むのが楽しみではあるのですが

昨今の酒造というか、酒質と五百万石はどうも相性が悪い気がしてならんのです

よくお酒関連の書籍を読むと、酒米「五百万石」の特性として、淡麗系に向くとか、スッキリ、とかプラス面しか書かない記事がほとんどでした

造りにもよるのでしょうが、僕の印象では淡麗云々よりも、味切れの鈍さと、後味のエグみのようなものが際立つ印象でした

熟成によって落ち着くのかはまだ検証しておりませんが、にするとこの後味は消える(マスキング?)気がしました

山田錦と五百万石とを掛け合わせた「越淡麗」なる新潟の酒米も存在しますが、

第一グループと第五グループの筆頭みたいなものどうしをそもそも混ぜる意味は? と考えてしまいます


ただ、新潟のお酒には個人的に興味があります

僕がお酒を飲めない頃に流行した「淡麗辛口」の火付け役(これも上越・中越・下越で酒質は違いますけど)は間違いなく新潟ですし、

その頃の名残りか、新潟の蔵は設備も蔵の面積もかなり大きなところが多いので、

おそらくまたどこかで新潟が火付け役となる、新たな清酒のブーム(新世代酒)を世に問うてくれるだろうと思っているからです


と、いろいろなことに思いをはせて、「霧の塔」を飲んでみたいと思います

僕のピンとくるものなら、いずれ窪田屋に置かせていただきます!

Koki


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する