HOME > 銘柄 > title - 『太久保』入荷! ~伝承古式黄麹の力強さ~
『太久保』入荷! ~伝承古式黄麹の力強さ~ - 地酒の窪田屋
FC2ブログ

『太久保』入荷! ~伝承古式黄麹の力強さ~

どーもです!

前回、前々回と種麹についてお話ししましたが、
長い前置きもようやく終わり、やっと焼酎の紹介ができます


鹿児島は「太久保酒造㈱」より
『太久保』です!
なんといってもこちらの焼酎の特徴は、種麹に黄麹を使ったところにあります!
ただ、それだけ聞いてもあまりその凄さは伝わらないことでしょう
前回の記事を見て頂ければ分かるとおり、
焼酎を造るにあたって、わざわざ黄麹を使用する蔵はそう多くないことでしょう
黄麹は酸を生成しないため、補酸の必要が不可欠でして、
それならば最初からクエン酸を生成する白麹を使用した方が合理的ですからね
IMG_7358.jpg

黄麹を使った焼酎というのは、
補酸をすると、もろみ発酵中も酸度が高いままに推移していくので、
最終的な酒質も、すっきりとした香りと味のものができます
もちろん、こうしたすっきり飲める焼酎も美味しいですから、そのあたりは嗜好品の長所・短所と言えます
しかし!この『太久保』でもって表現したいことというのは、むしろ逆のことです!

明治時代前の鹿児島の黄麹は、補酸をするわけではなくまったりと濃厚な黄麹だったはず」
「その黄麹を復活させたい」

と蔵の方は言っていました
それがこの『太久保』の根本にある、蔵の想いです!
数量に限りがありますので、
窪田屋ではこちらは飲食店などには出さず、直接来られるお客様のみにご提供させて頂いております
IMG_7359.jpg

テイスティングですが、
その一口めから、今までの芋焼酎とは全く異なる香りと口当たりを感じて頂けると思います
本来悪く言われる「芋くさい」という表現が、いい意味でピッタリあてはまる言葉だと僕は思います
蒸留したのに、どこか芋の甘いニュアンスも感じ取ることができ、
それでいて濃厚、どっしりとした風格ある味わいです
だけども、呑みやすいんですよね! そこが不思議!
スルッと入ってしまう柔らかさも持ち合わせています

補酸に関しては、企業秘密ということで、どのように補酸しているのかは定かではありませんが、機械的な作業も、添加物もないとのことで、
現在のような補酸の仕方ではないことは確かですし、
それら補酸の仕方ではここまでのがっちりした味わいにはならないことでしょう!
もしかしたらコレかもという心当たりはありますので、
それは直接蔵にお邪魔した時に、コッソリ聞いてみたいと思います

いずれにせよ、
今この時代で、ここまでしっかりした黄麹の焼酎はまずないと思います!
単に芋くさい焼酎っていうのは、たいてい芋の保存環境の悪さからくるものですが、
ハッキリ言ってそれと比べるのも失礼なほど、この『太久保』は造り込まれています!
価格は一升瓶で税込3,620- とこの内容からしたら納得の価格だと思います
四合瓶は無く、数量限定ですのでこの機会にどうぞお試しくださいませ

Koki

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する